准認定ファンドレイザー試験に合格しました!

本日、特定非営利活動法人 日本ファンドレイジング協会より、准認定ファンドレイザー試験の合格通知をいただきました。

ここで、「ファンドレイジング」という言葉もまだあまり世間で認知されていないと思いますので、簡単にご説明いたします。

 

ファンドレイジングFundraising)とは、民間非営利団体(Non-Profit Organizations:日本では公益法人、特定非営利活動法人、大学法人、社会福祉法人などを含む)が、活動のための資金を個人、法人、政府などから集める行為の総称をいいます。主に民間非営利組織の資金集めについて使われる用語ですが、投資家や民間企業に関連する資金集めに使われる場合もあります。

 

認定ファンドレイザー資格制度は、アメリカのCFRE(Certified Fundraising Executive)を筆頭に、世界の様々な国において既に資格制度として存在しています。その資格制度を設ける趣旨は、「技能の認定により、ファンドレイザーのスキルを向上させる」「倫理を守るファンドレイザーを増やす」「後進の指導や、寄付市場拡大に向けて指導的立場に立つ人材を育成する」ということにあります。大嶋も運営会員として所属する日本ファンドレイジング協会でも、海外のファンドレイジング協会と連携して、日本型のファンドレイザー制度を構築しています。

 

今後の日本社会において、認定ファンドレイザーが団体に在籍することで助成申請の際に評価の向上につながるようになると思われます。
実際に、日本財団の助成申請には、2012年から認定・准認定ファンドレイザーの有無を記載する項目が設けられました。

 

最近は、当事務所にもファンドレイジングに関するご相談が増えてきております。准認定ファンドレイザーとして、ますます皆様のご要望にお応えできるよう研鑽してまいりたいと思います。