日本NPO学会第7回​震災特別フォーラム・​国際シンポジウムのご​案内:8月31日(日​)

大嶋も所属する日本NPO学会からのお知らせです。今、最新の議論に触れることができるチャンスなので、皆様奮ってご参加ください!

 

「日本NPO学会第7回震災特別フォーラム・国際シンポジウムのご案内 8月31日(日)」

 日本NPO学会では、来る2014年8月31日(日)に、東京都内において、下記の通り、国際シンポジウムを開催します。このシンポジウムでは、震災特別プロジェクト(タケダ・いのちとくらし再生プログラムの一つとして日本NPOセンターと連携の下に実施)のこれまで2年半の成果を踏まえ、海外の専門家をお招きし、震災復興における民間支援に関する国際的な研究・実践例を紹介していただくとともに、われわれの研究成果を報告し、国際比較研究を行うことにより、新たな知見を得たいと考えております。
ぜひ多数の皆様にご参加いただければ幸いです。
ご関心をお持ちの方は、8月25日(月)までに日本NPO 学会ホームページ上の専用申込フォーム

         →こちらをクリック

に必要事項をご記入の上、件名を「第7回震災特別フォーラム参加」とし、日本NPO学会事務局(janpora@osipp.osaka-u.ac.jp) 宛てでお送りください。


日時:2014年8月31日(日)
会場:日本財団ビル会議室(〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2)
アクセス:東京メトロ銀座線溜池山王駅から徒歩5分程度
共催:日本財団

プログラム(2014/7/18現在)
10:00~12:30
◆報告会「東日本大震災と民間支援の役割」(同時通訳付き)
(震災特別プロジェクトの成果報告を中心に)
モデレータ:山内直人氏(大阪大学)
報告1:川脇康生氏(大阪大学客員教授)
「被災地における受援と支援の関係(仮題)」
報告2:岡田彩氏(同志社大学助教)
「情報は震災後の民間支援活動にどのような影響を与えたか(仮題)」
報告3:福本潤也氏(東北大学情報科学研究科准教授)
「震災後の物資の流れについて(仮題)」
コメント1:ルイース・コンフォート氏(ピッツバーグ大学教授)
コメント2:黄肇新(Huang, Chao Hsing)氏(長榮大學教授)

13:00~14:00 昼休み

14:00~14:45
◆基調講演(同時通訳付き)
ルイース・コンフォート(Louise Comfort)氏
(米国ピッツバーグ大学教授・同大学Center for Disaster Managementディレクター)

15:00~17:30
◆公開パネル(同時通訳付き)
テーマ:『災害復興および防災における民間支援の可能性』
Envisioning the Future Role of Private Nonprofit Sectors in Disaster Prevention and Post-Disaster Reconstruction

<パネリスト>
モデレータ:岡田彩氏(同志社大学助教)
Louise Comfort氏(米国ピッツバーグ大学教授)
黄肇新(Huang, Chao Hsing)氏
台湾・長榮大學教授、同大学Center for Social Empowerment主任。
古田一雄(ふるた かずお)氏
東京大学工学系研究科教授。システム創生科学専攻。
東京大学レジリエンス工学研究センター・技術経営戦略学専攻。
鹿野 順一(かの じゅんいち)氏
特定非営利活動法人@リアスNPOサポートセンター、特定非営利活動法人いわて連携復興センター・代表理事。
菅野 正寿(すげの せいじ)氏
福島県有機農業ネットワーク・理事長。

18:00~20:00 情報交流会(食事・飲み物付き)(日本財団内)


◆参加費
日本NPO 学会 一般会員3,000 円 学生会員2,000 円 非会員6,000 円
フォーラム参加費、情報交流会参加費、資料代を含む
*参加費は、当日ご持参ください。

◆申し込み方法
参加ご希望の方は、日本NPO学会ホームページ上の専用申込    

フォーム→こちら
に必要事項をご記入の上、件名を「第7回震災特別フォーラム参加」とし、日本NPO 学会事務局(janpora@osipp.osaka-u.ac.jp) 宛てでお送りください。

★シェア