1000名以上が参加​する「ファンドレイジ​ング・日本2015」​に登壇してみませんか​?

 大嶋は、NPO法人日本ファンドレイジング協会(JFRA)の運営会員でもあります。JFRAは、2009年に日本全国47都道府県からの580人の発起人の賛同を受け、寄付10兆円時代の実現を目指して設立された協会です。民間非営利組織のファンドレイジング(資金集め)に関わる人々と寄付などを社会貢献に関心のある人々のためのNPOとして、認定ファンドレイザー資格制度やファンドレイジング日本、寄付の教室の運営、や寄付白書の発行などに取り組んでいます。

 

 今回は、毎年行われる「ファンドレイジング・日本」という大会で、講師をしていただく方の募集です。興味のある方は、是非、この機会に応募されることをおすすめします。私も今年の大会に参加しましたが、全国からNPO関係者が集まってきており、大変盛り上がりました。ここで、講師をすることは、自身にとって、所属する団体にとっても大変意義のあることだと思います。

以下が、詳細な募集内容です。


 「ファンドレイジング・日本2015(FRJ2015)」
講師の公募枠募集開始!
http://jfra.jp/publicoffering-of-lecturer2015/
 

アジア最大のファンドレイジングの成功事例が集まる場、
「ファンドレイジング・日本2015」(FRJ2015)では、今年も講師の公募枠を募集します。
http://jfra.jp/publicoffering-of-lecturer2015/

自薦・他薦を問わず、日本・海外で実際に取り組まれている
ファンドレイジングの成功事例をご紹介いただける講師の方を
広く募集しております。この機会に、ぜひともご応募ください。

【募集内容】
 2015月2月14日(土)~ 15(日)のなかで、
 80分のセッションを発表いただける方(最大で8枠)

【募集期間】
 2014年6月26日(木)~ 7月25日(金) ※必着

【特  典】
 1)講師本人と同伴者2名までファンドレイジング・日本2015、
   2日間の参加費と懇親会費が無料になります。
 2)首都圏以外にお住まいの場合、講師ご本人の交通費実費と宿泊費1泊分を日本ファンドレイジング協会が負担します。

【応募方法】
 規定の「応募用紙」に必要事項をご記入の上、
 講演内容を補足説明する資料(例:新聞記事、チラシなど)も必ず添付し、締切日(7月25日(金))までに必着で事務局宛てにお送りください。
 ※講師公募申込書のダウンロードはこちら
  ⇒ http://jfra.jp/frj/2015/docs/FRJ2015_application.doc

【募集の詳細】詳しくは応募要項をご覧ください。
  ⇒ http://jfra.jp/frj/2015/docs/FRJ2015_requirements.pdf

【お問い合わせ先】
 日本ファンドレイジング協会(担当:小室)
 住所:〒105-0004東京都港区新橋4-24-10 アソルティ新橋302号
 電話:03-6809-2590 FAX:03-6809-2591 http://jfra.jp frj@jfra.jp

★シェア