PPS(特定規模電気事業者)について

今回は、再生可能エネルギーを語るうえで欠かすことのできない「PPS」をご紹介します。

 

・新電力(PPS)とは?

 新電力(PPS)とは、既存の大手電力会社である一般電気事業者(現在、北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、 関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力など)とは別の、特定規模電気事業者(PPS:Power Producer and Supplier) のことで、 「契約電力が50kW以上の需要家に対して、一般電気事業者が有する電線路を通じて電力供給を行う事業者(いわゆる小売自由化部門への新規参入者(PPS)」 (資源エネルギー庁)となっています。


 つまり、契約電力が50kw以上ならば、既存の東京電力や関西電力など以外の新しい電力発電会社と電力契約を自由に取り交わす事ができるのです。

 現在、日本の電力は使用する電力契約の大きさによっては自由化されているという事となります。

 一般家庭のような小規模の電力契約ではまだですが、2000年の改正電気事業法施行による電力自由化から段階を経て2005年4月以降は、 高圧50kW(高圧:6000V)以上の契約ならば、新電力会社であるPPSと契約できるという事になっています。 (一般家庭でも、マンション1棟などの契約の場合は契約電力により、現在でも新電力と契約できる場合があります。 また、2016年に一般家庭への電力の全面自由化をめざす電力システム改革が現在進められています)

 3.11の大震災以降、電力が不足し、この特定規模電気事業者である新電力会社がクローズアップされてきました。 また、東京電力などの一般電気事業者の自由化部門の電力料金の値上げに伴い、この機会に新電力会社と契約を検討されている方も多いかも知れません。 2014年4月18日現在、届け出がある新電力会社(PPS:特定規模電気事業者)は203社あります。 また、これら新電力会社の提案や契約の代行をしてくれるPPS代理店もあります。

  新電力PPSポータルサイトでは、特定規模電気事業者である新電力会社(PPS)や契約代理店に関連する情報を提供しています(経済産業省は2012年3月初旬にPPSという名称はわかりにくいという事でPPSという名称を「新電力」に名称変更する事を発表しています)。

以上、新電力PPSポータルサイト より

   http://www-pps.hpmap.net/